まいちょんの学びの部屋

アメリカ在住打楽器奏者の日々の学びをシェアするブログ

玉砕しました

こんにちは。この度ちょっとPPTSDこと、Post Performance Traumatic Syndrome(私が勝手に命名)に悩まされております打楽器奏者のまいちょんです。

まあ言ってみれば、本番後に「あーやってもた〜!穴があったら入りたい〜」と悶える症状です(笑)

 

先週末はダラスの日本人会の新年会にお招きいただいて演奏してきました。私はアメリカに来た当初は日本人のコミュニティとも繋がりがあったんですが、長く住むにつれてどんどん疎遠になり、4年前にテキサスに引っ越してからは特に日本人の誰とも交流する事なくひっそりと隠れて住んでました。もともと出不精なので基本引きこもりです。でもご縁があってある日本人の方と先日知り合って、たまたまその方が新年会の主催者の一人で、今回私と旦那さんのSpiral Staircase Duoを呼んでもらえる事になりました。

 

冬休みはずっと日本にいたのであまり練習する時間もなく、しかもアメリカに帰ってきてから風邪をこじらせてコンディション最悪でした。しかも、私のパソコンが前日に壊れて譜読みができないという(マリンバは両手がふさがるので、パソコンで楽譜を表示してペダルを使って譜めくりするのです)。仕方がないので i-Padを使ってみたものの画面が小さくて楽譜が読みづらい。。。

でもまあ一般の人がお客さんなので間違えてもバレないだろうとタカをくくり本番に望みました。そして行ってみてびっくり。

 

結婚式の披露宴みたいな宴会テーブルに、スーツ姿の企業のお偉いさんばっかり100人以上勢ぞろい。。。ダラスに拠点を構えるアメリカン航空とか日本航空とか富士通とか銀行やら不動産やらダラス総領事とかそれはそれはすごいメンバー勢ぞろい。

 

あわわわわ。怖いよー。

 

私なんて貧乏学生から貧乏音楽家になった引きこもりですから、そんなお偉い様達の会合なんてもう場違いにもほどがあるでしょう。しかも私アメリカに染まりすぎて日本の社交マナーも微妙だし、ちゃんとした日本語も話せません。基本関西弁で標準語もしゃべれません。。。

 

さらには、設置された舞台が狭くて楽器を乗せるだけで精一杯で譜面台をおくスペースがなく、舞台の下に譜面台をおいて遠い位置から楽譜を読まないといけないというオチに。ただでさえ楽譜が小さくて読みづらいのにさらに遠くに行ってしまわれた楽譜を目を充血させながらガン見で演奏。

 

そして、会場は絨毯ばりでお客さん大量なので音響最悪。音がこもるので大きい音で一生懸命吹いてた旦那さん(ホルン)が途中でバテて変な音をパフ〜フボ〜と鳴らし始め、高音全然鳴ってないし(笑)

 

極め付けに、もともと風邪気味で、さらに緊張して顔が火照ったせいで、演奏中に鼻水たれてくるという惨事!!

両手ふさがって拭うこともできず、垂らしっぱなしで演奏しましたよ。前列の人とかめっちゃ見られてたけどもう知らん。

 

普段は旦那さんにMCしてもらうんですが、今回はお客さんほぼ日本人ということで私が日本語でしゃべるしかなく、人前で演説するのが超苦手な私なのに、腹をくくっておもろいギャグの一発でも。と関西人のノリで話してみたものの、

 

反応薄っっっ!!

 

もうちゃちゃっと喋ってちゃちゃっと引っ込みました。やっぱりお偉いさん相手にこのノリはあかんかったか。。。と後で反省しました。

 

曲目も、日本の曲のアレンジばかり用意したんですけど、よく考えてみたらお膝元相手にオリジナルと違う曲を演奏するというのは寿司職人にカリフォルニアロールを振る舞ったりするようなもんですよね。逆に日本の曲はアメリカ人受けの方がいい事が分かりました。

終わってからも私たちの演奏に対する感想は一切なく、言われる言葉は常に、

 

「すごい関西なまりですね」

 

分かってます(涙)関西人ですから。

 

あわよくば今回の演奏をきっかけに新しいコネができるカシラとちょっと期待して挑みましたが、そんなこともなく、さっさと退散いたしました。

 

でも日本の人ってあんまり感情を表に出さないけど実は密かに喜んで聞いてもらえてたらいいな。と願う限りです。

とりあえず、関西弁の鼻水垂らしたマリンバ弾きという強烈な印象は残せたからいいとします。