まいちょんの学びの部屋

アメリカ在住打楽器奏者の日々の学びをシェアするブログ

本田圭介の英語発音で日本人の発音を検証してみる

こんにちは。アメリカ在住歴更新中のまいちょんです。今回は英語のお話。

こんな記事を読みました。

 

レコードチャイナ

2019年2月9日、騰訊体育は、サッカー元日本代表の本田圭佑が英語でのインタビューで発した一言が現場を一瞬凍り付かせた後、爆笑を引き起こしたと報じた。

記事は、現在オーストラリアのメルボルン・ビクトリーに所属する本田が先日行われたインタビューの中で、長期離脱の原因になっている負傷の状況について、英語で「体の問題と真剣に向き合わなければならない。こう言うとちょっと良くない感じがするが、それが事実、現実だ」と語ったと紹介。その際本田が「現実」を意味する「fact」と力を込めて言うと、場内から「オー」という声が漏れるとともに、現場が一瞬凍り付いたと伝えた。

その原因について、本田の「fact」の発音が汚いののしり言葉と同じように聞こえてしまったからだとしたうえで、隣にいたケビン・マスカット監督が冷静にすかさず「fact、factだ」と説明すると、場内は大きな笑いに包まれたと紹介。本田も異変に気付いたようで、やや慌てた表情で「ごめんなさい、僕の発音がまずかったかもしれない」と釈明したとしている。

記事はそのうえで「日本式の英語の発音は確かに悩ましい」とし、以前にある外国人が日本のカタカナ英語発音の代表的な例として「マクドナルド、サラダ、グーグル、タクシー、スターバックス、ホテル」などを挙げたことを紹介。「これは堪えきれずに吹き出してしまう」と評した。(翻訳・編集/川尻)

 

本田さんの英語がどんな発音なのか謎なので、話題のインタビューを調べてみました。

 

聞いてみると、本田さん結構綺麗な英語をしゃべってますね。でも問題の箇所は、

 

It's factと言いたかったところを

Fワードと聞き間違えられたようです。

 

日本人の英語発音でよく指摘されるのが、

  • 語尾が母音で終わる
  • LとRがまざる
  • SとSHがまざる
  • BとVがまざる
  • THが発音できない
  • FやWが発音できない

 

などですね。でもこれは英語を話慣れてくると結構克服できるんですが、上級者でも難しいのが、母音の発音なんです!これ、アメリカ在住十数年の私も未だによく指摘される部分なのです。

 

日本人の英語発音は母音がすべて「あいうえお」の発音になってしまうんです!

日本人的に考えると「A」=「あ」となってしまうんですが、英語の「A」の発音は「え」と「あ」の中間みたいな発音です。

発音記号でいう / æ / です。

  • hat(帽子)
  • cat(猫)
  • bat(こうもり)など

 

逆に、日本語の「あ」の発音は「U」の発音に似ています。発音記号でいう / ʌ / です。

  • hut(小屋)
  • cut(切る)
  • but(しかし)など

 

見ての通り、母音の発音を間違えると単語の意味が変わってしまうのです。本田さんはFactと言おうとして/ æ /ではなく/ ʌ /の方を使ってしまったのがいけなかったんですね。

 

ちなみに、「O」の発音は日本語の「お」ではなく、「お」の口をして「あ」という謎な発音です。(/ ɒ / とか / ɔ /) 

  • hot(熱い)
  • cot(折り畳み式ベッド)
  • bot(ボット)など

 

実は私がいつも苦労するのはこの発音です。難しいのが、この「お」と「あ」の調合具合です。イギリス英語はどちらかというと「お」よりですが、アメリカでは「あ」より。何がこんがらがるかというと、色んなグラデーションがあることです。赤っぽい紫でも青っぽい紫でも全部紫みたいな感じ?

 

旦那さんはコロラド出身ですが、一回、コロラドは実はコロラドではなくカララドなんですか?と聞いてみたら、「どっちでも通じる」と言われました。日本語的に考えると「お」と「あ」は混ぜられないので余計にこんがらがります。

 

アメリカ人がよく日本語で間違えるのが

「こわい」と「かわいい」

英語では同じような発音でも日本語では全然意味変わってきますからね(笑)

 

あと、私の旧姓は「たどころ」ですが、よく「トドコロ」とか「タダコロ」とか言われ、たまに「タコドロ」になったり、まあそれはそれは色んなバージョンで呼ばれました。何回訂正しても全然違いがわかってもらえず、途中から諦めました。

 

さらにこの母音に日本人に苦手なLとRが混ざるともっと難しい

 

  • lug(取って、つまみ)
  • lag(遅れる)
  • log(丸太)
  • rug(絨毯)
  • rag(雑巾)
  • rog(商品受領書)

はいもう無理 (ll゚д゚(ll゚Д゚ll)゚д゚ll)

 

終わりに

本田圭介さんでも間違える母音の発音。英語発音には重要なので、気を付けないといけません。カタカナ英語等、日本語になってしまっている英語は特に注意が必要です。きちんと発音できるためには英語のスペルを確認するのが大切です。

漢字と同様、英語のスペルがどんどん微妙になってる私にとっては至難の業ですが。。。汗

アメリカで受けのいいパーティフード

f:id:Maichon:20190130071323j:image

こんにちは。アメリカ在住に年季が入ってきたまいちょんです。

アメリカ生活ももうすぐ17年目になろうとしてます。私は家に人を呼ぶことはあまりないんですが、たまにホームパーティーを開催するとかなりの確率で日本食を期待されます。

今回は私が海外生活中に今まで振舞った料理の中で一番リピート率の高い料理を紹介したいと思います。

 

アメリカ(特に中西部)に住んでいると揃えられる材料に限りがあるので、手に入りやすい食材を使って作れて、なおかつアメリカ人にも食べやすいもの。となると結構限られてきます。

 

アメリカ人受けのいい食べ物

今まで作った料理の中で、特に人気があったのは、

  • 唐揚げ
  • トンカツ
  • お好み焼き
  • 手巻き寿司
  • カレー

 

やっぱり揚げ物系や肉系はアメリカ人うけがいいです。でも唐揚げやトンカツは揚げるのに時間がかかるので沢山人が集まるパーティにはちょっと不向きでした。やっぱり出来立ての方がおいしいけど、かといって揚げ物中にキッチンを離れるわけにもいかずおもてなししづらいという。

 

寿司は好き嫌いが分かれました。好きな人はめっちゃ好き!でも万人受けする料理ではないので食べられない人様に他の品を作る必要がありました。中西部で新鮮な寿司用の魚を調達するのも難しいし、お値段もそれなりなので、何回もリピートするほど作ってないです。

 

アメリカ人受けの悪かった食べ物

逆に人気がなかったのは

  • すき焼き
  • しゃぶしゃぶ

同じ鍋をみんなでつつくという習慣がないので、気持ち悪がられる事が多々。アメリカではしゃぶしゃぶレストランもたまに見かけますが、鍋もお一人様用に分けられたりします。生卵を食べる習慣もないので、サルモネラ菌にやられる!と思われます。確かにアメリカの卵は生食用にできてないので生で食べるのは危険みたいです。あと、薄肉を普通のスーパーで見つけるのが難しいので、いちいちオリエンタルマーケットで調達しないといけないのでひと手間かかります。

アメリカの家はセントラルエアーシステムで常に同じ気温に保たれているので、冬場はみんなで鍋をつついて温まる!みたいな発想はないし、逆に暑がられたりします。熱い食べ物を食べる習慣もないので、いちいち冷めるのを待ってから食べたりと、面倒くさい。私的には鍋は熱いうちにホクホク食べるもので、冷めてから食べるとか鍋の意味なし。

逆に中国人とかアジア人の友達にはめっちゃ受けがいいです。でも謎な魚団子とかいっぱい持ってきてくれてアメリカ人がドン引きして一口も食べられずに帰って行った事があります(汗)

 

アメリカ人とは食べたくない食べ物

アメリカ人とは食べたくない料理のダントツ一位は

  • ラーメン

まず、麺をすすって食べられない。麺をすするのは下品なマナーなので、ドン引きされます。でもすすらないようにちまちま食べるのは難しい。

そして、鍋と同様に、アメリカ人は熱いうちに食べられない人が多いので、ぬるいラーメンを提供するというラーメン道に反した行いをするのが個人的に許せない(笑)。そしてのびたラーメンを食べているアメリカ人を見ているのも辛いという三難苦。ラーメンはアジア人としか食べません。

 

私のリピート率No.1の食べ物

前置きが長くなりましたが、私が推薦する海外で受けがいいパーティフードとは、

  • 餃子!!

これ、意外とアメリカ人大好きです。アメリカ人のみならず、色んな国の人にふるまいましたが、皆さん結構喜んでくれます。

まず、コスパ最高!餃子の材料は普通のスーパーで安っっすく手に入ります。しかも結構大量に作れるので大人数のパーティには最適。餃子の皮も自分で作る時間がなければ、オリエンタルマーケットでも手に入りますが、最悪普通のスーパーに売ってるワンタンの皮とかでも代用可。

包むのはみんなで包めばパーティの催しにもなるし、みなさん結構楽しんで包んでくれます。自分達で作った料理を食べるとより一層美味しく食べられます。

と、餃子は私にとってアメリカでコミュニケーションの一環を担う重要な役割を果たしてくれているんですね。困った時は餃子。ありがとう餃子。

 

でもこの必殺料理が通用しなかった事が2回だけあります。

 

1回目は今アメリカで流行りのグルテンフリーダイエットを取り入れてる人がお客さんだった時。

慌てて米粉で皮を作ってみましたがかなりもっちり感のある、そしてかなりひび割れした餃子が出来ました。グルテン無くして餃子のヒダヒダは出来ないことが判明しました。

 

2回目は、結婚前初めて旦那さんの家に行った時。ここは腕によりをかけて旦那家族に手料理を振舞いましょうと思って作ったはいいけど、初めて訪れた旦那家はそれはそれはリッチな白人一家で、大衆料理がまっっったくもって似合わないという。

しかも旦那家はネギとかニンニクとか口臭を気にして食べないんですね。そんなこともつゆ知らず、張り切ってめっちゃ臭い餃子を大量に作り、当時売り出し中だったなんとも綺麗な豪邸を見事に餃子の匂いで充満させてしまったという苦い経験があります。

旦那さんの妹とも餃子を包んで仲良くなろうと思ったんですが、全く料理しない子で、逆に、この作業いつ終わるの?!ってキレられました(涙)

焼くのに時間がかかるので出来たやつからどんどん食べてくれたらよかったんですが、律儀に前部出来上がるまで待ってくれました。プレッシャーに駆られて急いで焼いて、冷えた餃子を前に家族全員で丁寧にお祈りしてナイフとフォークで食べた餃子はなんと半ナマ:(;゙゚'ω゚'): 泣きそうになりながらレンチンする羽目に。

でもいい人たちなので、一応美味しいよって食べてくれましたが、その日の夜は誰かお腹壊したんじゃないかと心配で眠れませんでした。今となっては笑い話。

 

終わりに

私の心の友の餃子。たまに失敗する事もありますが、ほぼアメリカ人受けはいいです。たまにチーズとか入れるともっと喜ばれます。海外在住の方々、とても重宝するので是非お試しください。

 

玉砕しました

こんにちは。この度ちょっとPPTSDこと、Post Performance Traumatic Syndrome(私が勝手に命名)に悩まされております打楽器奏者のまいちょんです。

まあ言ってみれば、本番後に「あーやってもた〜!穴があったら入りたい〜」と悶える症状です(笑)

 

先週末はダラスの日本人会の新年会にお招きいただいて演奏してきました。私はアメリカに来た当初は日本人のコミュニティとも繋がりがあったんですが、長く住むにつれてどんどん疎遠になり、4年前にテキサスに引っ越してからは特に日本人の誰とも交流する事なくひっそりと隠れて住んでました。もともと出不精なので基本引きこもりです。でもご縁があってある日本人の方と先日知り合って、たまたまその方が新年会の主催者の一人で、今回私と旦那さんのSpiral Staircase Duoを呼んでもらえる事になりました。

 

冬休みはずっと日本にいたのであまり練習する時間もなく、しかもアメリカに帰ってきてから風邪をこじらせてコンディション最悪でした。しかも、私のパソコンが前日に壊れて譜読みができないという(マリンバは両手がふさがるので、パソコンで楽譜を表示してペダルを使って譜めくりするのです)。仕方がないので i-Padを使ってみたものの画面が小さくて楽譜が読みづらい。。。

でもまあ一般の人がお客さんなので間違えてもバレないだろうとタカをくくり本番に望みました。そして行ってみてびっくり。

 

結婚式の披露宴みたいな宴会テーブルに、スーツ姿の企業のお偉いさんばっかり100人以上勢ぞろい。。。ダラスに拠点を構えるアメリカン航空とか日本航空とか富士通とか銀行やら不動産やらダラス総領事とかそれはそれはすごいメンバー勢ぞろい。

 

あわわわわ。怖いよー。

 

私なんて貧乏学生から貧乏音楽家になった引きこもりですから、そんなお偉い様達の会合なんてもう場違いにもほどがあるでしょう。しかも私アメリカに染まりすぎて日本の社交マナーも微妙だし、ちゃんとした日本語も話せません。基本関西弁で標準語もしゃべれません。。。

 

さらには、設置された舞台が狭くて楽器を乗せるだけで精一杯で譜面台をおくスペースがなく、舞台の下に譜面台をおいて遠い位置から楽譜を読まないといけないというオチに。ただでさえ楽譜が小さくて読みづらいのにさらに遠くに行ってしまわれた楽譜を目を充血させながらガン見で演奏。

 

そして、会場は絨毯ばりでお客さん大量なので音響最悪。音がこもるので大きい音で一生懸命吹いてた旦那さん(ホルン)が途中でバテて変な音をパフ〜フボ〜と鳴らし始め、高音全然鳴ってないし(笑)

 

極め付けに、もともと風邪気味で、さらに緊張して顔が火照ったせいで、演奏中に鼻水たれてくるという惨事!!

両手ふさがって拭うこともできず、垂らしっぱなしで演奏しましたよ。前列の人とかめっちゃ見られてたけどもう知らん。

 

普段は旦那さんにMCしてもらうんですが、今回はお客さんほぼ日本人ということで私が日本語でしゃべるしかなく、人前で演説するのが超苦手な私なのに、腹をくくっておもろいギャグの一発でも。と関西人のノリで話してみたものの、

 

反応薄っっっ!!

 

もうちゃちゃっと喋ってちゃちゃっと引っ込みました。やっぱりお偉いさん相手にこのノリはあかんかったか。。。と後で反省しました。

 

曲目も、日本の曲のアレンジばかり用意したんですけど、よく考えてみたらお膝元相手にオリジナルと違う曲を演奏するというのは寿司職人にカリフォルニアロールを振る舞ったりするようなもんですよね。逆に日本の曲はアメリカ人受けの方がいい事が分かりました。

終わってからも私たちの演奏に対する感想は一切なく、言われる言葉は常に、

 

「すごい関西なまりですね」

 

分かってます(涙)関西人ですから。

 

あわよくば今回の演奏をきっかけに新しいコネができるカシラとちょっと期待して挑みましたが、そんなこともなく、さっさと退散いたしました。

 

でも日本の人ってあんまり感情を表に出さないけど実は密かに喜んで聞いてもらえてたらいいな。と願う限りです。

とりあえず、関西弁の鼻水垂らしたマリンバ弾きという強烈な印象は残せたからいいとします。

 

 

 

Because we can

ご無沙汰してます。まいちょんです。遅ればせながら、明けましておめでとうとございます。

年末年始は日本に一時帰国していました。私は日本には2、3年おきにちまちま帰りますが、いつも夏帰国なので、冬に帰って来たのは5年ぶりです。

 

すっかり忘れてましたが、日本の家って寒いですね!( ;´Д`)

廊下が寒くて死ぬ。脱衣所も寒すぎてお風呂に入る前に凍え死ぬかと思いました。

アメリカは外の気温は日本より寒い事も多いですが、室内は全室暖房で快適です。

 

大阪の気温はテキサスとそんなに変わらなかったので薄手のセーターやカーディガンしか持って行かなかったら、家の中が寒すぎてムリ!

アメリカ生活で緩み切っていた私の新陳代謝がいきなりフル稼働 (笑)

 

改めて文化の違いを実感しました。

「東洋人は自然に融合して生活するのに対して西洋人は自然を人間の暮らしに適合させる」

みたいな事を聞いたことがありますが、まさにその通りだと思いました。

 

アメリカは一年中エアコンかヒーターが付けっ放しで室内の温度の変化はほとんどないです。

電気代が安いというのもありますが、何となく人間のエゴみたいなものを感じます。

 

アメリカでは

「Because we can」

という言葉をよく聞きます。

 

何かが出来る能力や資金力。何かをする権利などは素晴らしい事として捉えられます。

例えそれが不必要なことでも出来るからやる。

 

農家でもないのに排気ガスや燃費の悪い大型トラックを乗用車として使うのはなぜか?

 

Because we can (afford).

燃費の悪い車も乗れる資金力や大きな車を保有するスペースがあるから。

 

護身用でもないライフルを一般人が所有するのはなぜか?

 

Because we can (we have the right to own).

銃を所持する権利があるから。

 

エアコンやヒーターもbecause we canの感覚なのかな?

 

セントラルエアシステムは快適といえば快適ですが、季節を感じる事も少なくなるし、体は確実に鈍ります。

 

日本の冬を体験してテキサスに帰ってきたら、ちょっとくらいの寒さなんてへっちゃらと思えました(笑)

逆にヒーターの中で寝ると喉が乾燥して不快感極まりない。

日本で熱いお風呂に入って体の芯まで温まって布団にくるまって寝た時の寝付きのいい事ったら。

 

熱いお風呂に入ると体が乾燥するからとずっとアンチお風呂だった私の旦那さん(アメリカ人)は、初めて日本の冬を体験してアッサリお風呂好きになりました。

お風呂で温まって出てきたら無敵になるそうです(笑)

 

maichon.hatenablog.com

 

アメリカに帰ってきてからばたばたと新学期の準備に追われています。今週末はダラスの日本人会の新年会でゲストとして演奏させていただきます。色んな人に支えられて今の自分があるんだなあと改めて思った新年です。

最近ブログの更新が止まってましたが、新年心新たにまたちまちまと書いていけたらと思います。

 

 

 

 

 

 

 

遅ればせながらのメリークリスマス

こんにちは。まいちょんです。

今年のクリスマスは私の実家に帰省してます。

今年は猫サンタがやってきました ^_^

f:id:Maichon:20181227140726j:image

 

トルサンタ

f:id:Maichon:20181227140757j:image

 

オレサンタ

f:id:Maichon:20181227140816j:image

 

サンタさんトイレ休憩中

f:id:Maichon:20181227140949j:image

 

猫サンタさんでした

f:id:Maichon:20181227140242j:image

 

 

 

ダラス観光するならケネディ暗殺の6階博物館がオススメ

Image result for 6th floor museum

 

6階博物館(The Sixth Floor Museum)

6階博物館(The Sixth Floor Museum)は、1963年11月22日にジョンFケネディが暗殺された時に犯人(とされている)オズワルドが潜んでいた場所です。当時教科書倉庫として使われていたビルの6階の角からダラス遊説中のケネディを撃ち殺したと言われています。

 

6階博物館はその教科書倉庫の6階と7階を改装して出来た博物館で、オズワルドが潜んでいた場所が当時のまま保管されている他、ケネディ大統領の業績や、暗殺された瞬間の写真や映像、暗殺にまつわる陰謀説など色々学ぶ事ができます。

 

入場料

(2018年12月現在の情報)

大人 $16

シニア (65歳以上) $14

学生 (6〜18歳) $13

子ども (0〜5歳) フリー (オーディオガイド$4)

 

チケット代にオーディオガイドも含まれます。日本語にも対応しています。

 

営業時間

博物館には珍しく毎日営業!

月曜 12時から18時

火曜〜日曜 10時から18時

 

チケット販売終了は17時15分

 

アクセス

f:id:Maichon:20181220021657j:image

住所: 411 Elm Street, Dallas TX 75202

駐車場($8〜$10)が隣接しているので車での利用が簡単です。

DARTという電車を使うなら、West End Stationから西へ徒歩5分です。

 

ダラスの観光は車の方がおススメです。公共交通機関があまり発展してない上に、だだっ広く、道も歩行者様にできていなかったりと、車がないと結構不便です。

 

ケネディ暗殺のおさらい

ケネディ暗殺事件は映画にもなったり、色んな陰謀説が出たり、去年機密文書が一部公開されたりと話題が尽きません。博物館は何も知識がなくても楽しめますが、ちょっとおさらいしてから訪れてみるのも面白いかもしれません。簡単におさらいすると、

 

  • ケネディが1963年11月22日に選挙活動でダラスに来訪した時、オープンカーでパレード中に頭を撃たれて死亡
  • 教科書倉庫の6階からライフルが見つかる
  • 警察が従業員のリー・ハービー・オズワルドを殺人犯として逮捕
  • オズワルドはハメられたと容疑を否定
  • 二日後、ダラス警察署でオズワルドの送検中にジャック・ルビーがオズワルドを射殺し、真相究明が不可能に
  • 当時副大統領だったリンドン・ジョンソンがケネディが暗殺されたその日のうちに大統領に就任
  • 翌年ジョンソンがウォーレン委員会という調査委員会を設置して報告書を発表
  • 調査の結果オズワルドの単独犯行と決定づける
  • 信憑性が問われる判断に国民納得いかずその後様々な陰謀説が出回る

 

様々な憶測

  • 犯人は複数?
  • 教科書倉庫ではなく正面の丘(グラッシーノール)からの発砲では?
  • オズワルドは口封じされた?
  • 実は暗殺には政府が関与?
  • CIAが黒幕説
  • ロシアのフルシチョフが犯人説
  • リンドンジョンソンが犯人説
  • 大統領夫人が犯人説

 

などなど色々あります。

 

ネタバレ感想

私がこの博物館に訪れたのは今回で2回目。1回目は10年前くらいに大学のオーディションに来た時に訪れました。結構興味深くて全部見て回りました。今回はダラスに行く用事があって、たまたまケネディ暗殺の場所を車で通った時に記憶がフラッシュバックして、もう一度行ってみる事にしました。今年はケネディ暗殺から55年という節目で色んなイベントがあるみたいで、沢山の人が訪れてました。

 

10年前に比べて内装ががらっと変わって綺麗になってました。オーディオガイドも新しく導入されて、しかも日本語で聞けるので分かりやすい!でもチケットは値上がりしてました。

新しく7階も解放されて、当時の証言者のビデオが見られました。証言者の方もほとんど亡くなっているのでこうして映像に残して次世代に伝えていけるのは素晴らしいと思いました。

 

f:id:Maichon:20181220024433j:image

この写真の奥の角に見える窓(南東の窓)からオズワルドがライフルでケネディを撃ち殺したと言われています。ダンボール以外は当時のまま保管されています。

 

f:id:Maichon:20181220024757j:image

南東の窓は立ち入り禁止ですが、これがすぐ隣の窓から見える景色です。このアングルでオープンカーに乗っていた大統領が後ろから打たれたとされています。当時はこんなに木々が生い茂ってなかったらしいですが、それにしてもすごい命中率。三発の内、一発は首をかすり、もう一発は頭に命中したらしいですよ!どんな凄腕スナイパー!

ケネディ一行はこの建物に向かって進んで来て、左折のためにスピードを落としていたので普通に正面から簡単に狙えたのに、わざわざ車が左折した後この微妙な角度で後ろから撃つ必要はあったのか等の疑問は残ります。大統領は別の場所から正面から撃たれた等の説が出るのも分からなくもないですね。

 

ちょっと綺麗すぎる感が否めない

私はケネディ暗殺についてはあまり前知識なく訪れて、普通にへー!すごいなーと思いながら見て回りました。書かれているのはケネディ大統領のレガシーや社会貢献についていい事づくし。綺麗な奥さんと可愛い子どもと一緒に映る家族写真も、アメリカの典型的な家族を大切にする愛妻家な雰囲気を醸し出してました。普通にケネディさんは偉大な大統領だったんだなーという感想でした。

特に印象的だったのは奥さんのジャッキーが子どもと共にお葬式に参列する姿。最愛の夫を無くしてさぞ辛い思いをしたんだろうな。と思い、彼女がホワイトハウスを離れてからどんな生涯を送ったのか調べてみたところ、普通に浮気相手と結婚してました(汗)実は悪妻だったのか思いきや、どうやらケネディさんがめっちゃ浮気性で寂しかったっぽいですね。ケネディさんが任期中に関係を持った女性は32人以上!特に有名なのはマリリンモンローですが、ケネディさんは奥さんが流産した時も浮気相手と遊んで帰ってこなかったらしいですね。最悪。ケネディさんはカトリック信者としても有名ですけど結構裏がありますね。

陰謀説もいくつか触れられていましたが、結構あっさり。はっきり覚えてませんが、極右団体の反感とか、ロシアがどうこうとか、当たり障りのない事しか書いてませんでした。リンドン・ジョンソン副大統領の黒幕説やCIA関与説等は全く触れられてませんでした。当たり前といえば当たり前ですけどね。政府が認める公な博物館で政府にとってマイナスなイメージを植え付ける情報は普通載せないですよね。結構作り話感の漂うイメージ。でもまあそういう胡散臭さを感じながら表書きのシナリオを見て回るのも面白いのかなと思いました。

 

その他の感想

ケネディ暗殺以外にも、当時の情勢や社会問題等色々学べてよかったです。キューバ危機、黒人差別問題(キング牧師も同世代)、ベルリンの壁等など。ケネディさんは公民権運動や人種問題に取り組んで若い世代から圧倒的な指示を受けたそうです。

 

そして漠然と、今のアメリカの社会情勢も55年前とあんまり変わってないんじゃ。。。と思いました。

 

人種差別は相変わらず。常にニュースで黒人が不当に逮捕されたり警察に撃たれたりする事件を耳にするし、トランプさんは移民排除と壁作りに大忙し。そして全く良くならない銃規制。

 

博物館のビデオの中で特に印象的だったのは、警察官がメディアのインタビューで、

「オズワルドが購入したライフルの値段はたったの$12.78。これが大統領の命の値段だ」

と語っていた事です。$12.78って安すぎじゃないですか?55年前の物価といえ、こんなに安く凶器を手に入れられる事自体ありえない。

そして大統領が銃で殺されようが、未だに年間一万三千人以上の人が銃で亡くなっていようが全く銃規制する気配はなし。

 

55年前に比べて変わった事といえば携帯電話の普及くらいなんじゃないかと思ったのでした。

 

最後に

色んな事を考える機会をもらえる6階博物館は良きも悪きも訪れてみる価値はあると思います。実際に大統領が暗殺された場所に立ってみるだけでも歴史を感じられるいい機会なので、ダラスを観光される方はぜひ訪れてみてください。

 

 

久々に見たくなった映画

 

 

 

マリンバベッドを目指す猫

こんにちは。打楽器奏者のまいちょんです。

 

我が家の猫は練習室は基本猫立ち入り禁止なんですが、猫sは機会を狙っては侵入を試みます。そして目指すはマリンバベッド。なぜか私のマリンバカバーの素材が大好きで、機会があればカバーをベッドにします。

 

昨日練習中に部屋を出て戻ってきたら一瞬のうちにマリンバがベッドに早変わり。

f:id:Maichon:20181218052115j:image

 

オレちゃんとトルちゃんはあまり仲が良くなくて、ベッドをシェアする事はほぼ皆無なんですが、マリンバベッドを目指す時だけは一時休戦。嫌いな相手とシェアしてでも使いたいマリンバベッド。そんなに寝心地がいいんでしょうか?

 

f:id:Maichon:20181218064915j:image

でも絶対顔は合わせない(笑) この後シャーシャー言って威嚇し合いながら追い出されるまで留まり続けたのでした。

 

今度旦那さんの作曲家の知り合いに依頼して私達のホルンとマリンバのデュオのために曲を作ってもらえることになりました。パーソナルな題材を選びたいという事で色々話し合った結果、お題は「猫」になりました。この写真も題材に使ってもらえるらしいです。オレちゃんとトルちゃんもついに曲デビュー?!今から楽しみです☆彡

 

f:id:Maichon:20181218065325j:image

昨日はダラスの教会で演奏しました。ダラスシンフォニーの人達と共演しました。旦那さんはダラスシンフォニーのプリンシパルホルンのデイビッドクーパーさんの隣で吹くのにド緊張。クーパーさんのパワフルな音色と絶妙なコントロールは素晴らしかったです。

すごく綺麗な教会でお客さんも満員で三団体のクワイアーも参加して教会のパイプオルガンとともに建物中が振動しました。

クリスマスコンサートシーズンもついに佳境に入りました。