まいちょんの学びの部屋

アメリカ在住打楽器奏者の日々の学びをシェアするブログ

ハチの巣退治

こんにちは。引きこもりまいちょんです。テキサスも暑くなってきました。去年の夏に引っ越してきた我が家の庭にもまた朝顔が大量に生えてきました。去年の朝顔の種のせいなのか一か所だけ大量発生中。

 

maichon.hatenablog.com

 

庭に設置した砂糖水にもハミングバードが沢山来てくれる様になりました。

 

それで花や鳥を眺めながらのどかな引きこもり生活を満喫していたんですが、数日前に玄関のドアの上の角に足長バチの巣を発見しまして。家の周りを確認したらもうすでに何か所かハチの巣だらけになっているではありませんか!

 

早めに撤去しないとハチに私の穏やかな隠居生活を妨害されそうなので、ハチの巣の駆除方法をネットで調べてみました。

 

ハチ退治のプロによる助言

  • 15センチ以下なら自分で退治できる
  • 奇襲をかけるのは夜がおススメ(昼間だと戻りバチに攻撃される危険性あり)
  • 奇襲時には白い服装、無臭で挑む(ハチは黒が攻撃色で、さらに匂いに向かって飛んでくるらしい)
  • 必需品は防護服、殺虫剤、長い棒、赤いセロハンを貼った懐中電灯、ごみ袋
  • 脚立や虫取り網があればなお良い

 

赤いセロハンを貼る理由は、懐中電灯めがけてハチが突進してくるのを防ぐためらしいです。

 

駆除方法

ハチさんが巣に戻ってきてあたりが暗くなったころに襲撃。

ハチの巣の2、3メートルほどまで近づき、赤い懐中電灯で位置を確認し、脚立の上から殺虫剤をこれでもかーってほど噴射し続ける。この時ハチがもがき苦しむ音が聞こえてくるけれど、気にせず噴射し続けるべし。噴射時間は5分程度らしいですよ。

 

5分て。。。かけすぎ。。。

 

そのあと棒でハチの巣を落としてごみ袋に入れて終了。簡単なようで恐ろしい。ハチ退治に変な優しさは禁物なのですね。やられる前にぶっ殺すみたいな。

 

防護服

防護服といえば、あのスターウォーズに出てくる白い集団みたいなかんじのやつですよね?それかなんか宇宙服みたいな?

 

これですこれです。なんかもう見た目おもろい↓ 調べてみたらアマゾンで4千円くらいで売ってました。

Related image

日本の自治体では貸し出ししてくれる所もあるらしいんですが、私のエリアではそんなサービスはなさげ。

 

まあ別にこんなに本格的じゃなくてもDIYでいけるやろう!と、またネットでハチ退治の防護服のコスプレを調べてみました。

 

  • 作業着などの厚手の服の上にカッパを羽織る
  • 厚手の帽子またはヘルメットをかぶり、顔と首をタオルで被い、ゴーグルを着用
  • 手には軍手や革製の手袋を着用
  • 足は長靴を履き、その上にズボンの裾を被せ、その上から紐で縛ってハチの侵入を防ぐ

 

と、ここまで読んで、これちょっとコスプレの手間暇かかりすぎ。。。と意気消沈してきました。自分で退治しようと意気込んでいた旦那さんも、ちょっとハチが怖くなってきたのか、もう、業者雇って来てもらう方が楽なんじゃない?とあっさり放棄。

 

無敵のアメ人業者

近所の害虫駆除の業者に連絡してみたら、さっそく次の日来てくれることになりました。ハチの巣退治だけじゃなくて害虫予防の薬とかもまいてくれるらしいのでアリとかゴキブリの心配もしなくてすむので、お願いすることになりました。

お値段は97ドル。高いのか安いのかはよく分かりませんが、手間や危険性を考えると悪くないと思います。

そして現れた自称元警察官のおっちゃん。剥げてないブルースウィリスみたいなおっちゃん。結構イケメンである。

出で立ちは、なんと黒いTシャツ、ジーパン、サングラス。

 

ちょうどこんな感じです↓

Related image

 

めっちゃアメカジ。防護服のスターウォーズの戦闘員みたいな人が来ると思っていただけにちょっとびっくり。攻撃色とか全然おかまいなし。真昼間から帽子も被らず大丈夫なんか。とハチに攻撃されないか心配したのもつかの間。

 

このおっちゃん、めっちゃ強い!

 

殺虫剤とかかける事もなく、侍みたいに長い棒でバシバシハチの巣をぶった切って行くその速さたるや。

なんかもうハチも何が起こったのか分かってない様子で、「え?家なくなった!?」みたいな感じで迷子になって飛び回ってました。ちょっと可哀そう。

 

その後薬を散布して帰って行くまでの時間10分足らず。

 

はいもうこれで半年から1年くらいは大丈夫ですよー。との事でした。さすが元ポリスのブルースウィリスなだけあって、ハチなんてダイハードに比べたらどうってことないんでしょう。

 

しかし、おっちゃん、強いねんけどちょっと仕事が雑い。おっちゃんが去った後に無残に飛び散るハチの巣の悲惨な姿たるや。。。

そこはちゃんと始末してくれないんですね(笑)

そして取り残されたハチは行き場をなくして玄関の周りを飛びまくっている。一生懸命家作ったのにハチさんごめん。

家の壁のレンガとかもおっちゃんのこん棒で殴られて凹んで剥がれかかってるし。そこらへんアメリカっぽい。

 

という事で、無事にハチの巣退治は幕を閉じ、私も無事に隠居生活を送れるようになりました。という近況報告第二弾でした。